Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.10.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

骨格

正しい姿勢

 猫背などや骨格にゆがみがある人にとっては、正しい姿勢をとることは辛いもの
ですが、正しい姿勢をとる事で骨格のバランスが整い、体調も優れてくるものです。

◇4,5Kg近くある頭を支える首、肩の筋肉の負担が減る
          ↓
(首・肩コリ、頭痛が減る、首・顔(頭)への血行の改善が見込める)


◇体を内側に折り曲げる筋肉をのばす事で、内臓や肺への負担が減る
          ↓
(深い呼吸や内臓の圧迫を減らすことが見込める)
           

◇正しい骨格重心バランス、正しい関節の位置を確保できる      
          ↓
全身の骨格や関節にかかる負担が適度に分散されるため、
一部の関節や一部の筋肉にだけ多くの負担がかからなくなる


正しい姿勢の取り方とは・・・

横から見た時に(骨盤)と(肩)と(耳)の穴が一直線上に並ぶように立つ。
(悪い姿勢の人は、頭が前にでてしまうので、きちんと頭を背骨の真上にの
せるようにする)

これは、壁に背中をつける事で確認できます。

,かと、ヒップを壁につけるように立つ
軽く胸をはる
7擇顎を引いた状態で、頭の後頭部が壁につくようにする。
(猫背の人はの姿勢がきつく、頭が壁につかず浮いてしまいます。)

上記に加え・・・
ぞ綉をキープしながら、ヒップ部分で壁をほんのわずか下にずるように、腰のそりを少しとる
(腰と壁とのすき間を減らす)

い魏辰┐觧で
・下腹部がへこむ本来の正しい姿勢がとれる。
・O脚を改善するのに必要な殿筋を鍛えられる
・坐骨を閉める(骨盤と股関節をしめる)事でヒップの幅が縮まる
・O脚にならないようにする筋肉を強化する

事などが見込めます。

最終的には、以下を心がけましょう。

◆正しい姿勢をとって、立てる

そして

◆その形を維持し、座れる。

そして

◆その姿勢を保持して、(リラックスしながらも)歩ける

これができたら体形はそう簡単には崩れないし、体調も悪くなりにくくなります。

地道にがんばっていきましょう。


プロの骨格矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラ、頬骨、O脚)

骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日

  • 2010.07.21 Wednesday
  • 19:10

骨格

骨格矯正をする職人

10年以上の骨格矯正の経験を通して、本では学べない、
骨格や関節、筋肉の状態を感じる感覚というものが、
少しづつではありますが、研ぎ澄まされてきたような気が
します。

たとえば、股関節を回した時、その方の股関節がどんな向きに
はまっているのかのイメージが、何千、何万回の矯正動作によ
って、その標準位置を手と脳が覚え、鮮明になってきます。

ちょっと職人に似たようなところがあります。

そして、それまで体の悪い箇所を点としてみていたものが、
もっと広い範囲で、全体のゆがみとしてとらえていくようになります。

もっとも、その感覚をかなり強く実感できる時もあれば、
ゆがみの原因追求に四苦八苦する事もまだまだあります。

地球上の動物はいやが上にも、重力の影響を受けています。
個人の体のバランスのとり方、使い方、生活習慣、他、
いろいろな要素の掛け算によって、個人個人固有のゆがみが
できあがってきます。

全員一緒くたに同じ矯正ができないのは、そういう理由からであり、
個々人に合わせた矯正は、経験を積んでいく事で精度を増していきます。

いつまで経っても日々精進です。



プロの骨格矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラ、頬骨、O脚)


骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記
  • 2009.01.21 Wednesday
  • 11:24

骨格

骨格を矯正し、筋肉を意識する

骨格バランスをきちっと安定したものにするには

〇椽僂砲茲蟾の位置をただす
筋肉の状態を正常にする

この2つが必要となります。

今日は△龍敍について少しお話をします。

骨格矯正は、骨格(関節)を正しい位置に矯正して
いく(動かしていく)ものですが、矯正により正し
くなった骨格の状態を維持していくには、筋肉をし
っかり意識して行く必要があります。

通常、筋肉は骨から骨に付着し、筋肉の繊維が短く
なる事で筋肉としての機能をはたします。
また筋肉は関節を覆う事で、良くも悪くも関節の
状態を安定させる働きもあります。

つまり、状態の悪い関節であっても、悪い状態を
しっかりキープするよう筋肉はがんばってしまい
ます。(この際に大きな負担が筋肉にかかります。)

骨格矯正を効果的なものにするためには、骨格矯正
のほかに、筋肉のバランスもしっかり整えていかな
ければなりません。

◆緊張をおこしている筋肉
(使用頻度が高く、常に筋肉の繊維が縮こまってい
るもの)
⇒ほぐしたり、ストレッチを行う事でゆっくりと筋肉
をのばしていく。

◆上記とは逆に、使用頻度が低すぎて柔軟性を失って
いる筋肉
⇒きちっとその筋肉を使うような身体の姿勢、動きを
こころがける。

例えば、1本の長くて重い不安定な棒を地面に立て、
それを3人(筋肉)が3方向からひっぱる事でバランスを
とっている、この状態が良い骨格バランスとします。

全員が同じ力で棒をひっぱるのが理想ですが、
誰かが強くひっぱりすぎても、誰かが力を抜いていても、
棒は傾きます。

骨格がゆがむというのは、この棒がななめに傾く、と例
える事ができるのですが、仮に傾いてしまった棒を
まっすぐになおしたとしても、(これが骨格だけを矯正
していく状態です。)3人(筋肉)のひっぱるバランスが
悪ければ、すぐに棒は傾きます。

そうならないためにも普段から身体のメンテナンスのほか
に、筋肉のバランス(鍛えるべきもの、のばして緩めていく
べきもの)を意識していく必要があるのです。


プロの骨格矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラ、頬骨、O脚)



骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記
  • 2008.11.08 Saturday
  • 17:05

骨格

体もパーツ、たまにはメンテナンスを!

毎日、毎日、僕らは鉄板の上で焼かれてやんなっちゃうよ。

そんな、日本における戦後最大のメガヒットソングがござい
ますが、私の自転車”ジョルジオ君”も、

毎日、毎日、重もてぇ〜あんた乗せて、やんなっちゃうよ〜

とはなってはいないだろうか?

毎日の走行に嫌気がさした時、あらぬ事をジョルジオが考え
はしないだろうか・・・
・・・・・
・・

走行中に業務放棄し、前後のタイヤを自ら切り離し、
私を取り残したタイヤだけがころころと転がっていくような・・・

はたまた

ロデオの暴れ馬のように、私を道路にポ〜ンっと、振り落
していくような・・・

そんな心配が頭をよぎり、

少しくたびれ始めたジョルジオ君をふきふきしてさしあげ、

自転車用オイルをチェーン、ブレーキなどにさしてさしあげ、

タイヤに最適気圧まで空気を入れてさしあげ、

ギア変速のためのワイヤを調節してさしあげました。


まだ購入して半年程の自転車なので、実際には新品に近い
状態であるはずなのですが、ちょっとしたメンテナンスを
しただけで、

恐ろしいほどスムーズな走りを見せ、ビックリ!!です

代々木公園の噴水前
夕暮れ時の代々木公園噴水前

やはり使うばかりではいけませんね。
たまには愛情をもってメンテナンスをしてあげると、自転車も
生き返ります。

もちろん体も同じ事です。
無理をさせてきた体は、無言の悲鳴をあげているはずです。
そんな体の叫びを感じとってあげてますかっ?

文句もいわず働くいてくれる自分のボディにたまにはご褒美を!

そうすることで、残りの長い人生を、献身的な働きであなたを
サポートしてくれるはずです・・・



プロの骨格矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラ、頬骨、O脚)


骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記
  • 2008.05.16 Friday
  • 19:35

骨格

股関節(こかんせつ)の話

前々より思っていましたが、股関節の悪い方がじつに多いと
いう事を実感します。それは年齢、男女に関わらずです。

股関節というのは非常に重要な関節です。
ここは上半身の重さを両脚に伝えていく分岐点となるポイント
なので、ここにずれが生じると、脚の重心軸にずれが生じます。

その結果

・股関節の不調
・O脚やX脚
・脚の付け根のでっぱり
(パンツなどをはいた時にパツンと横につっぱってしまう)
・膝関節の重心軸のずれ→痛み
・足への影響(外反拇指)など
・下半身の代謝低下
・ほか

などの影響がでます。

立ち方(片足重心、かかとの削れた靴の使用)
座り方(横座り、脚組、アヒル座り)

などによる影響はもちろん大きいのですが、割ときちんと
した生活を自負している人でも、(症状の大、小こそあれ、)
大抵の場合は良い股関節をもった方は少ないように思えます。

また問題なのは、このずれた股関節の状態で運動、もしくは
日常的な動作を繰り返す事で、ずれた股関節に合わせた偏った
筋肉が強くなっていきます。

暖かくなり、これから体を動かしていこうと思っている人も
多いと思います。バランスの悪い骨格の持ち主はいきなり
運動を始めるより、正しい関節、正しい骨格バランスをつくり、
バランスの良い筋肉をつけていく事がオススメです。

一度どこかでしっかり自分の体をチェックしてみてはいかが
ですか?

では。



プロの骨格矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラ、頬骨、O脚)

骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記
  • 2008.04.11 Friday
  • 18:57

骨格

雑誌取材〜骨盤矯正、O脚矯正

本日は雑誌の取材がありました。
ルイール5月号掲載予定(3月28日発売)です。



愛されボディを叶えるサロンやエステ、クリニックのなどを厳選特集する企画にケンズプロを紹介していただけます。

なんでも雑誌社の方は、以前からケンズプロに興味があり、
プライベートで通いたいとずっと思っていたそうです。
本日は骨盤を矯正して、ヒップ幅の改善、および脚のラインを
きれいにするように矯正をかけていきました。

なかなかみごとなゆがみの持ち主だったので、矯正の効果も
1回でかなりでました。股関節のゆがみと骨盤のねじれをとる事で
骨盤の幅がかなり縮まり、その影響で開いていた脚(O脚)も改善。

状態を安定させていくために、ぜひ通いたいとライターの方よろこん
で帰っていきました。


プロの骨格矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラ、頬骨、O脚)


骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記
  • 2008.03.05 Wednesday
  • 14:52

骨格

姿勢のとり方に注意!!(骨盤のゆがみ、腰痛)

一般的に、姿勢を正そうとすると、胸をピーンと張った姿勢
をとります。背骨とは、首の骨である頚椎1番から尾底骨がある仙骨
までは、連続した骨の集合体であるので

胸をピーンと張ると
   ↓
その影響を受けて
   ↓
腰が自然と反ってくる

という連動を起こします。


一見するとこの反り腰の姿勢をとっている人は姿勢が良いと
思われがちですが。。。

ところが、ここに思わぬ落し穴があるのです。

腰は大きく反りすぎると、骨盤がお辞儀をするように前傾し、
その不自然な重心のバランスを補正するために、股関節が
ずれをおこしていきます。
(そうしないとうまく立てなくなるので・・・)

この時、脚の骨は(股関節)外側へと重心をずらしていき、
ヒップが広がるように不恰好になっていきます。

また、腰は腰で危険で

腰はもともと生理的彎曲(わんきょく=カーブ)が前側に向って
あるのですが、さらに上記のような姿勢をとることで、カーブが
強くなります。

つまり腰の骨が前に、前に、行こうとするので、筋肉がしっかり
あるうちはそれを支える事ができるのですが、筋肉が弱ると、
腰にかなり大きな負担がかかり、不調や痛みを感じます。

立ちながら靴下をはく動作をすると腰がつらい方はまさに
このような状態が起きていると考えて良いでしょう。

本当に良い姿勢とは、

,曚鵑両しだけ腹筋に力を入れながら、骨盤をたてた状態を
 つくり、

△修旅盤の形をキープしながら胸を張っていきます。

5咾領△飽媼韻鬚發辰討い、つま先とかかとの中間に
 重心の中心を感じられればOKです。

少しづつ今日からがんばってみて下さい。



プロの骨格矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラ、頬骨、O脚)


骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記
  • 2008.02.29 Friday
  • 15:44

骨格

体の不思議

人の体についてはもう、かれこれ11年、あ〜だこ〜だ、
やっておりますが、この仕事について何が良かったと言えば、

とにかく

自分の体の不調の原因について深く考える事ができるように
なった事です。

この業界に就く前は、自分の体もいろいろ悲鳴をあげていて、

あごの痛み、こり、
ひどい首のこり、痛み、
腰の痛み、
腕のしびれ、
輪郭のずれ

などなど。。。

こんだけ〜、の症状が、どんだけ〜、でるのかと思ったら
この先の人生が少し心配になったものです。

11年も、自分の体について四六時中考えて、いろいろ実践したり、
他人の体に触れたり、動作を見たりしながら、少しづつ本当の
ところの原因がわかってきたように思えます。


・骨格バランスと姿勢の難しさ
・筋肉の使い方
・骨格のゆがみの出方
・かたい筋肉、柔らかい筋肉、弱ってしまった筋肉
・食事、内臓の調子、精神的な状態、痛み
・噛みあわせと体調について、
・歯の高さや並びと輪郭のゆがみについて
・性格

自分の体に作用する要素はいろいろとあり、それが複合的に、しかも複雑に
絡んでいるので

難しい反面、実におもしろいものです。

本当のところは何?。。。

これは私のテーマです。

一生かけて追求しつづけたいと思ってます。


プロの骨格矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラ、頬骨、O脚)

骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記
  • 2008.01.26 Saturday
  • 10:41

骨格

ストレッチで理想の骨格バランスを

ストレッチというのは、縮こまった筋肉を本来の長さに
戻すよう、ゆっくり引き伸ばしていく行為です。
そうする事で、血行がよくなったり、疲労物質が除去され
やすくなったりするので、身体の調子はあがっていくもの
です。逆に短く縮こまった筋肉があると、本来の骨格バラ
ンスは崩れます。

-------------------------------------------------------
例えば5人で力を合わせて仕事するところを、一人が全く
働かなければ、誰かに大きな負担がかかるか、残りの4人
全体に負担がかかります。

そして4人は
『一人が働かない事を前提とした、新たな体制を整えます。』

この新たな体制というのが、本来の理想の姿ではないバラン
スの崩れた姿勢・骨格バランスという事になるのです。

見た目4人でなんとかなっているように見えても、残業や休日
出勤をしたりしながらやっているため、それぞれの身体に疲れ
が溜まっていき、そのうちどうにもならないなんて事に・・・
--------------------------------------------------------

全身の骨格は、全身の筋肉が協調しあって、理想の重心のバラ
ンスをとっています。どこかの筋肉が極度に緊張してその筋肉
に柔軟性が失われると、本来のバランスを失い、別の部位に負担
が及んだりしてしまいます。それが骨格のゆがみのもととなり
ます。

理想な骨格バランスを目指したいなら、ストレッチは非常に重要
です。

という事でストレッチをお勧めしているわけなのですが、
ただただストレッチをガムシャラにやるのも考えものです。

なぜストレッチをする際、強すぎると良くないか?

筋肉は、筋繊維が縮まる事で筋肉が働くわけですが、筋肉には
【筋紡錘】という筋肉の長さと速度を感知するセンサーがつい
ていて、強く引っ張られすぎると、

脳の中では・・・

『ぶ・部長〜!やばいっす!筋肉が切れそうすっ!』

『何してるんだね君!早く筋肉を縮めたまえ!』

『はっ・はい。ただいま!筋肉、ちぢめま〜す〜!』

てな感じで・・・脳から筋肉に指令が。

その指令により防衛反応が働き、それ以上伸ばされないように、
逆に筋肉を縮めようという作用が働き始めます。
つまり良かれと思って筋肉をのばしているはずが、逆に縮こませ
てしまう結果になる事があるのです。

ストレッチをする際は、

◆あまり強くひっぱり過ぎず
◆息を止めず(吐きながら)
◆ゆっくり時間をかけてジワジワと

のばしていきましょう。

ではまた。



プロの骨格矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラ、頬骨、O脚)


骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記
  • 2007.07.13 Friday
  • 17:13

骨格

おじぎで腰痛の方

腰痛でお悩みの方は本当に多いですね。
そういう私もかつてはひどい腰痛でした。
(今でも仕事の関係上、たまにはでますが・・・)

・腰を曲げる時(おじぎをする時)腰がきつい。
・朝、靴下を履くのに腰が曲がらない。

こんなおじぎ系の腰の痛みがあった場合
腰ばかりをマッサージしても良くならないものです。


お辞儀の動作は

,呂犬瓠腰の骨(腰椎)が働いて、上半身が前に曲がり
続いて、骨盤が前方に曲がりお辞儀をする


つまり腰痛の原因として、腰の骨付近の緊張の他に、
骨盤に付着している筋肉が緊張して伸びず、おじぎの邪魔をし、
上半身が曲がらなかったり、痛みがでたりするです。
(さらに、骨盤の前方への曲がりに股関節が関わってきます。)

この動作にどの筋肉が邪魔をするが分かれば腰痛はかなり
解消できるものです。

自分でも根気よく、丁寧にストレッチを行えれば、へたな
整体にいくよりよっぽどよくなるものです。

ストレッチをかける筋肉は
◆ももの裏側の筋肉(ハムストリング)
◆股関節周りの筋肉
◆腰の筋肉
◆大腰筋

などなど・・・・

ストレッチはゆっくりと強すぎず、ジワジワっと伸ばしましょう。
『強すぎずに!』というのがとても重要なポイントです。

次回はなぜ強すぎるストレッチが良くないかをお話します。



プロの骨格矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラ、頬骨、O脚)


骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記
  • 2007.07.08 Sunday
  • 15:02