Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.10.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

どうでもよい小話

道は開ける

 先日、教育TVでこんな映像を見ました。


1匹の小さなカブトムシが、樹液を見つけて
そこでチューチューやっていました。

そこへ・・・

大きなカブトムシが肩で風を切って登場。
『おい!そこ、どかんかいー』
とその樹液を横取り。

押し出された小さなカブトムシは諦めずに、樹液の
奪還を試みるも、大きなカブトムシに力で押し
返されます。それでも諦めずにアタックに必死となる。

そこに、別の大きなカブトムシが!!

状況が複雑な展開に・・・

『おい、おい、おい、おれにも舐めさせんかいーワレ。』

ど、どうなる?
と、ワクワク、ドキドキしながらその成り行きを
見守っていると。

大カブトムシ(B)は、樹液を独占中の大カブトムシ(A)にまっしぐら。
一応、チビオ君も大カブトムシ(A)へと向かう。

当然、戦いとなったのは、ビッグなカブトムシ(A)と(B)。

ビッグ(A)が押せば、負けじとビッグ(B)も押し返し、
ビッグ(B)が突っつけば、ビッグ(A)も突き返し
ビッグ(A)が『なんじゃーこら〜〜!』と叫べば、
ビッグ(B)も『そっちこそ、なんなんじゃ〜こら〜〜』。

個人的な意見ではありますが、こういう時は
『ありがとう』っていえば、『ありがとう』って言う。
ん。たぶん・・・

もみ合いながらも力で勝るビッグ(A)がついに角でビッグ(B)

を持ち上げ、

ど、どうなる??

ビッグ(A)の顔はみるみる真っ赤となりながら
ブレーンバスターのような状態で(B)をそのまま垂直90度に
持ち上げた

が・・・

持ち上げたはいいが、(B)も結構な重さ。
持ち上げたビッグ(A)も『おっ、おっとっとー』と
バランスを崩すようにふらふらと樹液エリアの外側によろめく。

そんな戦いのさなか、チビオ君は、地道に一歩、そしてまた一歩、
歩を進め。。。

横では、

『うおおおりぁ〜〜〜!!!』とさらに雄たけびをあげる(A)氏。

チビオ君は、わき目も振らずテクテク・・・テクテク・・・
・・・・・お宝はもうすぐそこだ!

(A)氏はさらに、

『お〜れ〜の〜・・・ち〜か〜ら〜を〜〜〜・・・
思い知りやがれ〜〜!!!!!!!』

最後の力を振り絞り切ったその瞬間。。。

勢い余って、自分もろとも(B)氏とともに木の下へ転落。
一瞬にして視界から完全に消えてしまいました。

そして樹液のオアシス(オアシズではありません)に辿り着いた
チビオ君は、何事もなかったかのように

平和に樹液を独占できたとさ。

『こんな展開、ありかよ〜』と、私は腹をかかえて大爆笑。

あきらめないチビオのファイティングスピリッツ、
そういう精神のもとに起こるミラクル。

何か多くのものを学びました。
何事もあきらめなければ道は開けてくるということでしょう。

では。


骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記

  • 2011.07.15 Friday
  • 20:50

どうでもよい小話

KURO発見!

 朝、マンションの階段を足早に駆け下りてくると、

おっと〜〜

久しぶりに 『 クロ 』 を発見!


声をかけても無視をする、例の近所のなつかぬ猫だ。

今日も一応、お義理で

『ふゅー、ふゅー』

と口笛で挨拶をしてみせたが・・

案の定

『私にはあなたは見えてませんから・・・』的な態度



でも・・・・

・・・・



あなたは・・・・・・

・・・・

・・


見えてますからっ!!




そして

回り込んで

正面からみてみるとーー



・・・・・



隠れた・・つもりでも〜〜〜〜

・・・・・

・・・・





隠れ切ってませんから〜〜!!

残念〜〜〜!

黒猫丸見えぎぃり〜〜〜!

(なつかしのギャグ)


そんな感じの、今日のブログでした。




プロの骨格矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラ、頬骨、O脚)


骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記


  • 2011.05.12 Thursday
  • 16:55

どうでもよい小話

Kakutei Shinkoku

 早いものでもう3月となりました。
3月といえば確定申告の時期。

年に1回しかやらない事は、作業の雰囲気だけはなんとなく
覚えていても、結局最初から全てをやり直すようなもので、
やるたびに時間と手間がかかるものです。

今年はどうにか楽にやりたいと思い、調べてみると、
各地域の税務署に相談所があり、しかもその場でパソコンから
申告が可能との事。

実はこの方法以外にも、自宅からも申告ができるようなのだが、
これが便利なようで逆に超ウルトラスーパーミッラモルト不便。
役所にそれなりの手続きをとり電子証明書を取得しなければ
ならなかったり、カードを読み込むカードリーダーをわざわざ購入
しなければならなかったりと、

誰がそんな面倒な事やるっつーの!

という突っ込みを得るには十分面倒なお役所システムなのです。

結局、私が導き出した一番楽な方法は、
〜蠱未頬れる人の少ない税務署を選び
雨など、天候の悪い面倒な日にがんばって出向き
その場で、やさしい相談員さんとともに、一緒に
楽しくパソコンから申告。

分からない事は、相談員さんがすぐに答えてくれるので、
申告用の手引きを読む必要もないし、面倒な税計算は
コンピューターがパパっと処理してくれるので、自分で実際に
行う作業が恐ろしく少ないのです。

そして今日はまさに、確定申告日和!

降りしきる雪の中、がんばって税務署に行ってまいりました。
案の定、会場はすいていたわけで。。。

さっと、相談員を捕まえた私は、わからないことを躊躇せず
耳打ちし答えを得、インテリITオタクが暗号を読み解くがごとく、
カチカチカチっとキーボードをブラインドタッチさせ、
トン・トン・トーンと軽快にエンターKEYで申告を確定。
みごとに大切な資産の救出に成功。(およそ3万円!)

クールで冷静な私は、黒の皮手袋のまま、何ごともなかった
かのように静かに書類をかばんにしまい部屋を出、
この申告を受け悔しがる税務署職員を想像しながら、
暗く、古くさい建物を、振り返りもせず颯爽とすがすがしくそして
さわやかに後にしたのであります。

はじけそうになる気持ちをぐっと抑えながらも、
でもちょっと口元だけで笑ったその瞬間

アップテンポの軽快な音楽が流れ始め、エンディングロールは
私の心の中でロールアップしていったのでありましたー。


(ふー)
(かっこいいー。)

悪しからずブログでした。



プロの骨格矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラ、頬骨、O脚)


骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記



  • 2011.03.07 Monday
  • 14:32

どうでもよい小話

カナブンの親分

一日の過酷な労働を終えアパートへ帰ってきた私は
ホゲーっとした状態で開いた自動ドアの中に一歩足を踏み出そうとした。

おっとー。

危うく、カナブンの親分を踏み潰しそうになり、その時、
私のスーパーコンピューターは予定してした着地点を急きょ変更し、
瞬時に新たな右足の着地点を緻密に計算し、コケそうになりながらも、
私はカナブンの親分をまたいだ格好で、スーパーコンピューターの指示
どおりの着地点に足を置く事に成功!

※カナブンが実際に親分であるかどうか、また、何の親分であるかは
定かなところではありません。

疲れていた私はそのまま一旦はエレベーターへと向いましたが・・

親分もあそこにそのままいたんじゃ〜、せっかく救ってあげた命も他の住民に
ブチッとやられちゃうなー、

と変な心配をしてしまい、妙な仏ごころチックな気分で親分のところへ
と戻ったのです。

もうちょい安全な場所がいいだろっ!

親分には大変失礼ながらも・・、失礼だとは重々承知のうえで・・
少し疲れて面倒となっていた私は、靴先の内側で親分を軽くほいっと横へ
『蹴り移動』させました。(すいません)

蹴られた親分は、カーリングの、あのスライムのような鉄の塊が氷の上を滑る
ように、すーと並行移動し、どう考えても踏まれないであろう場所にわずかに
体を回転させながら移動。

まあこんなもんだろっ!

もうこれ以上は深くこの親分と関わりを持ちたくない私はそれ以上その事について
考えはせず、自分の部屋へとその日は消えていったわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・

(翌朝)

そんな事をすっかり忘れていた私だったのですが、ゴミ袋を持ちながら
アパートを出ようとした時、昨日の親分の姿が視界の中に入ってきたのです。

ん〜

と少し考えて、

親分にだって、彼を心配し帰りを待っている家族がいるだろう。

親分へと近づいた私は恐る恐る、ご機嫌を伺いながら、親指と人差し指で
挟むように親分を持ちあげると、硬い塊の生命体は、6本の脚を交互に
動かしながら、ゆっくりとそして力強く私の指を押しのけようともがくのです。

まあまあまあ

と、親分を自動ドアの外へと連れ出し、壁のブロックの上にそっと置いて
私は職場へ向かったのでした。


・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

(夜)

仕事を終え帰ってきた私の目に飛び込んできたのは、

悲しいことに・・・

干からびて、堅くなった緑色のただの塊と化した変わり果てた姿の親分
だったのでした・・・・

(チーンー)合掌


プロの骨格矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラ、頬骨、O脚)


骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記

  • 2010.08.12 Thursday
  • 12:54

どうでもよい小話

朝の弁当屋にて

 高度経済成長期のテレビ放送のナレーションにあるような
淡々とした平な調子で、


  溜息をつくと・・・

     幸せが一つ逃げてしまいます。


弁当屋での会計で、背中を丸めながら小銭を取り出そうとしていた
私の耳に、ラジオからのそんな言葉が入ってきました。

『ん〜〜・・なんちゅ〜か〜、ラジオらしいな〜』

普段ラジオを聞かない私は思いました。

(何のこっちゃブログでした)



プロの骨格矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラ、頬骨、O脚)


骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記

  • 2010.07.22 Thursday
  • 12:42

どうでもよい小話

ポーションミルクを2、3滴

 今日は、仕事前に渋谷区役所にあるドトールに寄りました。

『あ〜もう紅葉してるんだあ』と黄色く色づいたイチョウを
見ながら、ポーションミルクの縁をパキっと折り、私は
いつものように、そこから1mmほどだけ蓋の部分を丁寧に
そして慎重にはがします。

ポーションミルクの腹を親指と中指でクイックイッっと
押し、アイスコーヒーの中にミルクを数滴だけ落とします。

ポーションミルクは体に良くないと力説する知人の話を聞いて
以来、やめたいけどミルクは入れたい。ミルクを入れたいけど、
カフェオレにしたいほどでない。

そんな私の中途半端な健康への気遣いと、妥協から生まれたのが
この『ポーションミルク2,3滴だけ入れる系大作戦』なのだ〜。

それではまた。



プロの骨格矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラ、頬骨、O脚)

骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記

  • 2009.10.30 Friday
  • 17:54

どうでもよい小話

ダッシュできる体

昨日は自転車を会社に置いて帰ったため、
今朝は久しぶりにバス通勤。

ドアに鍵をかけ、すぐに携帯を取り出しアイモードで
バスのリアルタイム接近情報を取り寄せると

な!なんと・・・

あと1分で、バスは最寄のバス停に到着。

急いで小刻みに階段を一揆に駆け下り、ポストの新聞を
走りながら抜きとると、斜め掛けのバックを小脇に抱え
私は目的のバス停まで猛ダッシュ!!!

・・・・

・・

プシューっという音とともに、バスは走り出した。

・・・




流れる景色を眺めながら・・・

『ふ〜。なかなかおれもやるもんだな〜』

とバイク通勤で弱っていた体が、自転車通勤により蘇ってきた事
を実感できる朝でございました。



プロの骨格矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラ、頬骨、O脚)


骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記
  • 2009.04.09 Thursday
  • 15:12

どうでもよい小話

戦いはすでに始まってました


花の色は
 うつりにけりないたづらに
   わが身世にふるながめせしまに


小野小町か〜・・・・

トイレで小さな用をたしながら、私はそこのトイレ
の壁一面に装飾として埋め込んである百人一首の一つ
に目をやりながら、小学生のころ行った百人一首大会
の事をふと思い出しました。

まじめな少年であった私は、毎日、毎日、一つ一つ地道
に苦労して覚え、大会に臨んだにもかかわらず、結果と
しては惨敗!ほんの数枚しかGETする事ができず、悔し
い思いをした事を覚えています。

あとで分かった事なのですが、実は百人一首にも必勝法
があり、読み始めの文字によって、下の句が限定される
ものが多くあるのです。

例えば

村雨の露もまだひぬまきの葉に、霧たちのぼる秋の夕暮れ
という歌があるのですが、

私の場合は『むらさめの〜〜〜』と歌いだされると、

頭の中で、

え〜 なんだっけ、なんだっけ、なんだっけ!
むらさめの、むらさめの〜・・・
あ〜〜〜う〜〜、あ〜〜

三笠の山に いでし月かも??・・かも?

なんて調子で、違う歌人の上の句と下の句がごっちゃごちゃ
になってもうパニック状態。

ところが、頭がいい奴らは

『む』で歌が始まれば、
   ↓
(下の句)霧立ちのぼる秋の夕暮れ

と覚えているものだからすぐに札をパシッと
得意げに取るわけです。

つまり 『む』 イコール 『霧立ち』

みたいな覚え方をしてたものですから、小さな少年だった私も
(入れ歯でなくても)歯がたちません。

今になって思えば、やっぱり小学生がそういう効率的、かつ
合理的なものの覚え方をしちゃいかんと思うのです。

もうすでにあの頃から世の中の戦いは始まっていたんだな〜

と遠い昔へ記憶が飛んでいた、居酒屋でのトイレでの
物思いふけちゃったよブログでした。
 

※桜の花は長い雨が降っている間に色あせてしまったことだなあ。
私が長雨を眺めてむなしくこの世で過ごし、物思いをしていた間に。


スタバのコーヒー
新発売:スターバックスの缶コーヒー、”エスプレッソ ドッピオ”を飲みながら・・・


プロの骨格矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラ、頬骨、O脚)


骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記
  • 2008.10.22 Wednesday
  • 15:40

どうでもよい小話

SF小説は集中力が大事!

小説を読む時、始めの方は小説のペースをつかむまで
ページを要するもので、そこには集中力が必要とされ
ます。

先日、SF小説を片手にいつものドトールの、いつもの
噴水の前の席に座り、悩みもせず頼むやはりいつもの
アイスコーヒーを一すすりし

『さあボネガット!SF世界に私を連れてってくれ!』

と、

先日買ったばかりのカートヴォネガットJr.の『タイタンの妖女』
を静かに開きました。

タイタンの妖女

このいつもの噴水の前の席は、全ての面においてリラックス
できる環境で、本を読むにはもってこいのお気に入りの場所
なのですが、

いざ読み始めたら・・・・

『ワタッシーハ、マンガー、スキデス!!』(20歳ぐらいの外国の女学生)

『へえ〜、そうなんだ。』(27,8歳ぐらいの男)



横に座っていた二人の会話が耳に飛び込んできました。

ちょっとは気になったのですが、

『集中ー!集中ー!』と自分に言い聞かせ、活字を目で追い続
けました。


・・・・・(男と外国女学生の会話)・・・・

男    :『・・・それじゃー、まんがー 死ぬ程持ってるって事?』

外人女学生:『ア〜ム、シヌホード? ワット? sorry シヌホド
       ワカリマセーン?』

男    :『え〜〜 なんて言ったらいいかなあ〜?』
   
男はちょっとだけ考えた後、先程より、ゆっくりした口調と
やや大きめな声で

男    :『ま・ん・が〜・・・し・ぬ・ほ・ど〜・・ニューヨークにあるの?』

<<私>>
『え〜〜!!(ビックリ)』
『ゆっくり言っただけジャン!!表現変えなきゃ、通じないだろっ!』

案の定!

外人女学生: 『?? ヌーヨーク(ネイティブの発音で)
        Yeah. I'm from New York.』

と、外人もこれでいいのかなという表情を浮かべながらも必死に彼の言わんと
する事を頭をフル回転させて想像しこう答えましたが・・・

男:

いやいや!そうじゃなくてさ〜。アン(この女性の名前)の〜 部屋には〜、
ニューヨークの〜。入りきんないほど〜 マンガー。 ステイ!? してる?

片言の日本語ならしゃべれるこの女学生も、このおかしな文法と中途半端に間違っている
英語も挿入された会話が理解できない事に加え、自分の言いたい事も通じないこの状況に

What do you mean by "stay"? (Stay ってどういう事?)

と、たまらず完全に英語で返答。

<<私>>
そりゃ〜そうだろー!ステイ(STAY)って、使い方変だもんなあ〜。
単語並べりゃ〜 この子なら通じるだろーよ。

『ブック(BOOK)、メニー(MANY)、持ってる?』

でもなんでも・・そんな感じで言えばいいじゃんよ〜。



どうでも良い他人の会話にイライラ


ふー・・・
ため息をついたのは、彼ではなく私の方。

でもよく考えてみれば、何で他人の話を自分は気にしてるのだろう。
本に集中しよう。よしっ!と気持ちの切り替えを試みました。

ところが

・・・・・・・・・・・・

男:
『アンの〜 一番気に入っている〜 マンガ〜は ワット(WHAT)?・・・
”気に入っている”ってわかる?』


外人女学生:『・・・キニイッテル?・・・・ァドノ〜(I don't know.)』


<<私>>
聞こえない〜、聞こえない〜 横の会話は聞こえない(自分への暗示)

男:
ちょっと巻き舌で
『キ・ニ・イ〜ル〜』

<<私>>
聞こえない〜、聞こえない〜、・・・
って聞こえちゃうよ〜全くもう〜

だいたい、キ・ニ・イ〜ル〜って何だよ〜。
LIKE(ライク)でいいじゃんかよっ!

気になって本が全然進まね〜じゃん!



男はどうしたものかと、携帯の辞書機能で英訳した単語を彼女に見せるという
作戦にいよいよ変更。

いくぶんかのマがあった後、変換されたものをそのまま彼女に見せました・・・


外人女学生:『・・・sweet? ・・・』???

何をどう間違えたか、”気に入る” が ”スウィート”に変換される始末。

・・・・・
・・

永遠、こんな調子の会話が繰り広げられ・・

その間、私が目で追ったページ数、約3ページ。
頭に入った内容、ゼロ。

たまらず席を立ったのは言うまでもありません。



ではまた。



プロの骨格矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラ、頬骨、O脚)


骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記
  • 2008.08.27 Wednesday
  • 12:20

どうでもよい小話

ア〜ハ〜

ア〜ハ〜といったタイトルですが、決してセクシーな話では
ございません。
はじめに断っておきますが・・・

実にツマラナイ疑問ですが、今日のテーマは相槌について。

日本人は会話の中で、相手の話のほぼ全ての隙に

『うん。うん。うん〜』(あるいは、はい、はい、はい)

を積極的にねじ込み、同時に頭を小刻みに縦に振りながら

相手の話に対する同意、
もしくは、
相手への話への興味を

相槌の多さと頭の小刻みさ加減で示しているような気がします。

日本人が言うところの

『うん。うん。うん〜』

に当たる英語は

『ア〜ハ〜』になるわけですが、

よくよく観察すると・・・

外国人は日本人ほど、

相手の話す言葉の隙間に『ア〜ハ〜』を連発する
様子がありません。

先日、英会話の先生にそれについて聞いてみたところ、
『たしかに日本人はうん、うん、言い過ぎる』
と言っていました。

どうやら 『ア〜ハ〜』の多様は、話を軽く聞いている
印象を与えるし、相手に対して不快な思いをさせてしまう
ようです。

私にとっての大きな疑問が今、まさに解決されようとして
いるその瞬間、そんな先生の説明を、身を前に乗り出しな
がら、

米つきバッタのごとく小刻みに頭を縦に振りながら、

『ア〜ハ〜』『ア〜ハ〜』『ア〜ハ〜』『ア〜ハ〜』

納得している私でありました・・・

ではまた。



プロの骨格矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラ、頬骨、O脚)


骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記
  • 2008.08.08 Friday
  • 16:21