Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.10.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

顎(あご)・噛み合せ

歯日記2010

 先日、接着済みのスプリントを一旦バリバリはがし、また始めから
咬み合せの調整をしました。

新しいスプリントができあがるまで1週間程、もともと自分本来の
深い噛み合わせに戻したら、

・顎関節から頭にかけての軽い締め付け感
・首(上部頸椎付近)の筋肉の強いコリ
など

『そういや〜こんな不快な感覚あったな〜』

と久しぶりに感じました。

下の写真は、できあがったスプリントの噛み合わせ調整の跡です。
咬合紙という赤い紙を、カチカチ噛んだり、横にスライドする
ようにはぎしりしたりして、どこの部分に強く当たっているか、
または、どこが噛み合っていないかをみるのです。




去年の5月から自分の噛み合わせをゆっくり観察、調整しながら
ここまできました。

かなり時間もかかってますが、気長にベストポジションを歯科の先生と
探っていきたいものです。

ちなみに、咬み合せというのは、全身の骨格のずれや、首肩のこりでもわずかに
違ってくるものなので、噛み合せを調整する際は、骨格と筋肉の
ゆがみをきちんととっていかないと、本来理想とする噛み合せの
調整にはならない!というのが私の持論です。

では。



ご自宅で、安く行う、プロの輪郭矯正講座
(顔の大きさ、ゆがみ、エラはり、むくみ、頬骨ほか)

骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記

  • 2010.02.17 Wednesday
  • 12:59

顎(あご)・噛み合せ

噛合せとラーメン

 昨日、奥歯にスプリントを貼っつけました!!!!

やっとここまで来ました。6か月という長い道のり。
仮歯とはいえ、いよいよ本番です。

上下の歯型から精密に計測した、理想の咬合せとの誤差。
ストレッチとエクササイズなどのセルフケアによって
骨格と筋肉のゆがみを取り除き、顎への影響を極力抑える。
わがままをいい、歯医者さんに無理してつくってもらった
取り外し可能なスプリントによる6か月の試験期間と
『歯日記』による毎日のデーター収集の集大成が今、
歯にはめ込まれたわけなのです。

興奮せずにはいられません。

接着した以上、もうスプリントは外せません。
24時間、食事も睡眠もこの噛み合せを高くした状態で
過ごす事になるのです。

新たな噛み合わせを手にし、その後私が最初に向かったのは・・・ラーメン屋。

麺を箸ですくい上げ、口へと運び、

一噛み・・・

二噛み・・・・・・

そして三噛み・・・・・・

・・・・

『・・・』


『うお〜〜』 『奥歯ですり潰せる〜〜』

薄い麺を顎関節に負担をかけず、しっかりと奥歯で噛め、
そしてすり潰せるこの感動!こんな普通な事に感動するこの
気持ち。誰にもわからね〜だろうな〜。く〜う。

割れるような拍手と大喝采。一人、また一人立ち上がり、
会場はスタンディングオベーション。そしてどこからか
沸き起こったウェイブに揺れる会場。

降りやまない紙吹雪と打ち上げられる祝福の花火の中、

私は叫ぶ!

『ありがとう・・・ありがとう・・・みんなありがとーー!!』

・・・・・
・・・

そんな私のエキサイティングな(心の会場)の外では・・

じゅる・・じゅる・・すーすー

縦長に折ったスポーツ新聞を片手に握った中年のおじさんは、
ずらしたメガネの上フレームごしに視線を新聞に送り、
平和そうにラーメンをすするのでありました。。。


プロの輪郭矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラはり、むくみ、頬骨ほか)

骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記

  • 2009.11.10 Tuesday
  • 18:07

顎(あご)・噛み合せ

歯日記 : スパゲティの噛み方と消化

スパゲッティー!っておいしいですよね。

皆さんはこのおいしいスパゲッティ!どのように
食べてますか。

・麺はやや硬めのアルデンテで。
・自分で作るのは面倒だから、外食で。
・茹でる時の塩加減が大事。

等々あると思いますが、

そういう事ではなく、

口の中に運ばれたあの細くて長い物体を
皆さんは何番目の歯で噛んで?どう噛みつぶして、
どんなタイミングでのみこんでますか?

この事について自分自身もしっかり考えた事が
なかったのですが、

意識してみると・・・

口に入ってきた麺を、まず犬歯当たりで噛みます。
長い麺を上下の歯で細切れに切り刻むのです。
(長い麺をハサミで次々と短く切っているような
イメージ)

その後、それを奥歯(一番奥)に運び、そこで数回擦り
つぶしたらさっさと飲み込んでしまいます。

正直、私はあまり胃が丈夫ではありません。

それは自分の上下の噛み合わせが、『物をしっかりすり潰す』
という行為に適していない歯の噛み合せをしているからでは
ないか。

そんな風に思えてきました。

通常、正しく物を噛む場合、

・犬歯付近で噛みずらいものを切り裂き
      ↓
・奥歯でそれをすり潰しながら
      ↓
・唾液を混ぜ込み、
      ↓
・胃で消化しやすい状態までやわらかくし
      ↓
    飲み込む

ところが私の噛み合わせは異常に深く、
(イー、と歯を見せると、下の歯がほとんど、上の歯に
隠れて見えません。)

本来の理想とされる下顎の位置で物を噛もうとすると
前から(4番目)、(5番目)、(6番目)の歯は
わずかにしか上下が接していないため、物をすり潰すには
一番奥の歯を使うしかないのですが、

その歯も過去の歯科治療で削られすぎているため、
物を噛もうとすると、下顎が後ろに限界までさがりながら
物を噛みつぶす事になります。

そのためにしっかりと噛もうとすると、関節が後ろ側で悲鳴を
あげることになり、非常に顎が疲れるのです。

だから私はあまり噛まないし、胃がじょうぶでない。

歯日記をつけながら、そんな理論に辿り着いてきました。

では。



プロの輪郭矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラはり、むくみ、頬骨ほか)

骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記

  • 2009.10.10 Saturday
  • 17:13

顎(あご)・噛み合せ

歯日記:あごの疲れ

 ふつう、あごの疲れの原因は

・顎の関節の不調や骨格のゆがみ
・筋肉のバランスの悪さ

からくるものが多いのですが、私のあごの場合は
(歯の形状、高さ)によるものだと、自分の歯や
あごを毎日意識していくことでみえてきました。

本来、理想な歯の噛み合わせがある人が
リラックスした状態で口の開け閉めをすると・・


   口を開け、
     ↓
  その後ゆっくり閉じていった時、
     ↓
 上と下の歯がほぼ同時に、全体的に、
 噛み合わさるものです。


ところが、私の場合、


    口を開け
      ↓
  ゆっくり閉じていくと・・・
      ↓
まず、前歯の左右4本分の歯が当たります。
(その時点では、それ以外の歯は宙に浮いていて
 当たっていない状態です。)


下顎の骨の位置としては、ここが理想であり、この位置を
キープできれば、あごの関節には負担がかかりません。

しかし、私の場合は、前歯だけ接して、後ろ側が接していな
いので、この状態は例えるなら・・・

バレーリーナーのように、『つま先立ち』をず〜〜として
いるようなもので、あごの筋肉にじわじわ負担がかかり、
非常に疲れやすいのです。

もし、この『つま先立ち』から解放されるには・・・

つまり、前歯以外の歯も上下きちんと全体で噛み合うには
        ↓
   口をさらに閉じていく事になり、
        ↓      
   それにより下顎は後ろにズレながら
   上下の歯の着地点をさがす事となります。

この状態は顎の関節が後ろ側に窮屈になり、非常にあごが
疲れやすくなります。

原因は何か?

シンプルに一言でいうと

『奥歯が削られ過ぎて、低くなったため』→『つま先立ちとなる』

と言えます。


あごの不調の原因にもいろいろありますが、まずどこからその
症状が来ているのかをしっかり見極める事が重要です。そして
それに対するアプローチをしていく。

当り前のようですが、割とこの順番は守られていない事が
多いように思えます。もしくはそういった考え方がまだ
一般的ではないのかも知れません。

自分が考える理想な順番は

〜歓箸旅格、筋肉を整えて、下顎のずれを起こす
 原因をおおまかに取り除く。

頭蓋骨のずれ、特に噛む事や噛みしめる事により影響を
受ける骨を調整する

あごに関係する筋肉の緊張を取り除く

ぞ綉 ↓◆↓を行った上で、正しい噛み合わせの
 治療を歯科などで行う。(必要であれば)


い世厩圓辰討癲△發箸旅が歪んでいたら意味がないのです。

但し、上記の順番はあくまで一般的な理想で、状況によっては
歯の治療を先に行った方が良い場合もあることも事実です。

そういった事をどこかに相談に行く場合、

歯や顎の事も、全身の骨格バランスの事も合わせて考えて
くれる先生に、自分であれば相談に行きたいものです。

では。


プロの輪郭矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラはり、むくみ、頬骨ほか)



骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記

  • 2009.09.12 Saturday
  • 12:15

顎(あご)・噛み合せ

歯日記

歯日記をつけ、そろそろ3ヶ月。

『歯日記ってなんじゃい!?』

という声が聞こえてきそうですが、

歯日記については
http://kenz-pro.jugem.jp/?eid=107
http://kenz-pro.jugem.jp/?eid=110
で述べさせてもらいましたが、

簡単にいうと・・・
自分の『首の痛み』や『あごの疲れ』は噛合せの深さ
(歯の高さ)からきていると考え、本当にそうなのか
どうかという実験を記録した日記の事です。

噛合わせが深いと下顎の関節にゆとりがなくなり
窮屈な状態となるのですが、その状態で

・噛む動作を繰り返したり
・噛締め続けたり

すると、その影響で首の痛みや顎の疲れが出やすいと
仮定しました。

そこで協力的な歯医者さんをみつけて、実際に模擬的に
噛み合せを高くすると、どのような変化がでるかという事を
コストとリスクを最小限にしながら行った自分の体を使った
人体実験日記なのです。(ちょっと大げさですが)


【使用したもの】
  ◆スプリント:
   歯をカバーする入れ歯のようなもの(取り外しができます。)
   →これで歯に高さ(厚み)を出します。

  ◆ナイトガード:
   柔らかい入れ歯のようなもの(取り外しができます)
   →これで夜、噛締めによる顎の負担を軽減させます。
   
【実験方法】
  .好廛螢鵐函頁いもの)を約1ヶ月、日中に5〜8時間程度使用
  ▲好廛螢鵐函文いもの)を約1ヶ月、日中に5〜8時間程度使用
  ナイトガードを寝ている間に使用(数週間)

   ↓◆↓、それぞれの
  朝一番の顎の状態、首、肩のこり、痛み、その他気づいた点などを記録。


そうして今のところはっきりしてきた事を一言でいうと

◇噛合わせが本来の高さを維持できると。。。

   ちょ〜気持ちいい!! し、 ナンも言えね〜

 と冗談のような、ホントの私の感想です。

つまり

 噛合せの高さを確保するという事は、窮屈だった顎の関節にスペースを
 生み出し、顎関節の筋肉と周囲の緊張を和らげ、また首へのも負担が劇的に
 軽減する

という事です。(個人的な感想ですが)

もうしばらく続けていきたいと思います。


ではまた。


プロの輪郭矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラはり、むくみ、頬骨ほか)


骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記

  • 2009.07.21 Tuesday
  • 20:13

顎(あご)・噛み合せ

噛合せからのコリや不調

噛合せというのは、非常に大切なものです。

噛合せの狂いが、首や肩のこり、頭痛のほかに
体の不調に大きく関係する可能性をもつからです。

私が考える理想の噛合わせとは
(A)頭蓋骨と顎の関節(及び全身の骨格)にゆがみがない状態
(B)歯の上下の噛合せ面、歯の高さに問題がない状態 
が確保されている噛み合せです。

(A)に関しては知識や改善のための整体的技術は、
自分は持ち合わせているので、骨格的には何を注意すべきか、
どの筋肉の緊張をとるべきか、などを考える事ができます。

しかし、やっかいなのは(B)です。

遺伝などによる、もともとの歯の並び方の問題のほかに、
歯科での治療、それも一見するとなんの問題もないように
見える処置。例えば虫歯の治療による削り、被せ物の高さ
の決定などが後々大きな影響を顎や顔、体に与える事が
あるからです。

私自身の歯は、並び自体には問題がありません。
顎の動き(口の開閉)も問題がなく、見た目に関しては、
よく、歯並びがきれいだと言われますが、

上下の噛合せというと、実は・・・

ディープバイト=DEEP BITE

といわれる、イ〜と歯を見せた時に、下の歯がほどんど見えない
深い噛み合せをしているのです。
それは、今まで受けてきたいろいろな歯科治療の影響を大きく受けて
いると個人的には考えています。

これにより(噛合せが深い事)
・あごの疲れ(顎関節が上と後ろに詰まる)
・首、肩のこりの強さ
・軽い頭の締め付け感

などに長年悩まされています。

もちろん、筋肉や骨格(関節)に対しては、症状を緩和させる
ことはできるのですが、歯そのものをいじる事ができないので、
その辺が非常に歯がゆいです。

過去に歯科技工士になろうかなって一瞬思ったこともありますが、
現在は自分の歯型模型や、噛合せについてあ〜だ、こうだと、
考えて、自分のベストな噛合せ位置、高さについて研究中であり、
自分の考え方を理解してもらえる良い歯医者さんをさがしている
最中であります。

自分の歯型

つづく・・・かも


プロの輪郭矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラはり、むくみ、頬骨ほか)

骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記
  • 2009.03.29 Sunday
  • 12:32

顎(あご)・噛み合せ

顎関節 と 噛み合わせ と 体の調子 (Vol 2)

歯の噛み合せについて、前回からのつづきです・・・・・

(前回は正しいあごの位置の決定と上下の歯の調整の難しさ、について
の話でした)

・・・・・つづき・・・・・・

現実問題として、下顎の正しい位置というものが、歯科の間でも意見が
分かれていたり、あいまいだったりもします。
また正しいかみ合わせ(上下の歯の当り方)の決め方一つをとってみて
も、仰向けの状態での下顎の位置と、立った状態では全然違うという事
を踏まえる必要がありますが、ほとんどの歯科では寝ながらの噛み合せ
の調整で歯を削っていきます。

だいたい、削るという作業が本当に正しいのかも疑問です。削る事が良
い場合もあれば削らない方法での調整が必要な場合、削るとかえって状
態が悪化する場合もあるからです。(歯を高くしていくという治療にも
同様の難しさがあると言えます。)

結局私が言いたいのは、

歯の調整は、理想の骨格の位置を確保できて、はじめて行うべきという
事であり、また理想の骨格を確保しているかどうかの判断が非常にむずか
しいので、歯だけをいきなり調整するのはかなりのリスクを伴うというこ
とです。

すごく立派な理論と考え方で歯の治療と顎の調整を行っている歯科の先生で
され、うまくいく場合もあれば、やった事でかえって状態が悪化したという
例は自分が担当してきた多くの方の話からもわかっています。

私自身は歯の調整ができるわけではないので、骨格の位置の確保と筋肉の
緊張をとる事に対して最大限の努力を行い、歯の治療は必要でなければ
あまりおすすめしていないのが現状です。

それでもどうしても歯の調整を行いたい方には以下の事をアドバイス
しています。


■正しいかみ合わせのためには、正しい骨格と正しい筋肉の状態が必要
(骨のずれや筋肉の緊張が顎に影響を与える事が少なくないため)

■歯の調整には細心の注意を払うべきである
(治療によりかえって体の状態を悪くすることもあるので)

■上下の歯のあたり方は、寝た状態と、起きている状態とでは違う事を理解
 し、先生にもその辺を意識して歯の治療をしてもらう

■患者さんの話をあまり聞きたがらない先生は、良いかどうか判断しにくい
 のでおすすめできません。


最後に、個人的には歯の調整というものは、非常に繊細で、デリケートなものと
考えます。一方人間の体はある程度のゆがみや負担に耐えられる強さをもって
いるし、自然治癒力というすばらしい力も兼ね備えています。
歯の調整は特別な場合をのぞき、骨格や筋肉の調整をまず行い、どうしても
必要と感じる場合のみ行うことを、私はおすすめしたいと思います。


プロの輪郭矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラはり、むくみ、頬骨ほか)

  • 2007.04.29 Sunday
  • 13:31

顎(あご)・噛み合せ

顎関節 と 噛み合わせ と 体の調子 (Vol 1)

かみ合わせというのは非常に大切なものだという事は既に周知の事実です。
良いかみ合わせは、極論すれば、体の機能を最大限に引き出すので、神経、
代謝、筋肉、骨格、内臓、体に関する全てに良い影響を与えると考えられ
ます。

逆説的証明として、犬の歯を数本抜く事で、犬のかみ合わせが狂い、次第に
背骨も曲がり、弱ってくるという実験話もあります。

ところで

【良い噛み合わせ】の定義! 


これは非常の奥の深いテーマです。


私が思う理想な噛み合わせに必要な要素は

〜歓箸旅格の重心バランスが正しい
(特に首の骨と頭の位置)

△△瓦亡愀犬靴討い覿敍の緊張がない事

、 ↓△両態を保ちながら上下の歯の当りをみて
 下顎の安定する位置の決定

きに合わせて歯を高くしたり、削るなど、歯の当り方の調整

です。

上のような条件がそろい、始めて安定した下顎の位置が定まったあごの負担が
少ない【良い噛み合せ】を得る事ができると私は考えます。

そうすることで、頭を中心とした重心バランスが整い、背骨の負担が減り
骨格のバランスが良くなるだけでなく、全身の司令塔である頭のゆがみが
少なくなることで単純に体の調子が上がる事にもつながります。

でも現実的には、歯の噛み合わせを含めた、正しい下顎の位置の決定とは
非常に難しい作業です。

そして歯の調整は甘くみては非常に危険です。

その影響は歯や顎の問題だけに留まらず、輪郭のずれなど、見た目への影響、
体調への影響にまで発展する場合があります。

次回はこのつづきから・・・・


プロの輪郭矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラはり、むくみ、頬骨ほか)


  • 2007.04.25 Wednesday
  • 11:00

1