-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.10.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

骨格

姿勢のとり方に注意!!(骨盤のゆがみ、腰痛)

一般的に、姿勢を正そうとすると、胸をピーンと張った姿勢
をとります。背骨とは、首の骨である頚椎1番から尾底骨がある仙骨
までは、連続した骨の集合体であるので

胸をピーンと張ると
   ↓
その影響を受けて
   ↓
腰が自然と反ってくる

という連動を起こします。


一見するとこの反り腰の姿勢をとっている人は姿勢が良いと
思われがちですが。。。

ところが、ここに思わぬ落し穴があるのです。

腰は大きく反りすぎると、骨盤がお辞儀をするように前傾し、
その不自然な重心のバランスを補正するために、股関節が
ずれをおこしていきます。
(そうしないとうまく立てなくなるので・・・)

この時、脚の骨は(股関節)外側へと重心をずらしていき、
ヒップが広がるように不恰好になっていきます。

また、腰は腰で危険で

腰はもともと生理的彎曲(わんきょく=カーブ)が前側に向って
あるのですが、さらに上記のような姿勢をとることで、カーブが
強くなります。

つまり腰の骨が前に、前に、行こうとするので、筋肉がしっかり
あるうちはそれを支える事ができるのですが、筋肉が弱ると、
腰にかなり大きな負担がかかり、不調や痛みを感じます。

立ちながら靴下をはく動作をすると腰がつらい方はまさに
このような状態が起きていると考えて良いでしょう。

本当に良い姿勢とは、

,曚鵑両しだけ腹筋に力を入れながら、骨盤をたてた状態を
 つくり、

△修旅盤の形をキープしながら胸を張っていきます。

5咾領△飽媼韻鬚發辰討い、つま先とかかとの中間に
 重心の中心を感じられればOKです。

少しづつ今日からがんばってみて下さい。



プロの骨格矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラ、頬骨、O脚)


骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記
  • 2008.02.29 Friday
  • 15:44

-

スポンサーサイト

  • 2015.10.24 Saturday
  • 15:44
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク