-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.10.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

骨格

骨格を矯正し、筋肉を意識する

骨格バランスをきちっと安定したものにするには

〇椽僂砲茲蟾の位置をただす
筋肉の状態を正常にする

この2つが必要となります。

今日は△龍敍について少しお話をします。

骨格矯正は、骨格(関節)を正しい位置に矯正して
いく(動かしていく)ものですが、矯正により正し
くなった骨格の状態を維持していくには、筋肉をし
っかり意識して行く必要があります。

通常、筋肉は骨から骨に付着し、筋肉の繊維が短く
なる事で筋肉としての機能をはたします。
また筋肉は関節を覆う事で、良くも悪くも関節の
状態を安定させる働きもあります。

つまり、状態の悪い関節であっても、悪い状態を
しっかりキープするよう筋肉はがんばってしまい
ます。(この際に大きな負担が筋肉にかかります。)

骨格矯正を効果的なものにするためには、骨格矯正
のほかに、筋肉のバランスもしっかり整えていかな
ければなりません。

◆緊張をおこしている筋肉
(使用頻度が高く、常に筋肉の繊維が縮こまってい
るもの)
⇒ほぐしたり、ストレッチを行う事でゆっくりと筋肉
をのばしていく。

◆上記とは逆に、使用頻度が低すぎて柔軟性を失って
いる筋肉
⇒きちっとその筋肉を使うような身体の姿勢、動きを
こころがける。

例えば、1本の長くて重い不安定な棒を地面に立て、
それを3人(筋肉)が3方向からひっぱる事でバランスを
とっている、この状態が良い骨格バランスとします。

全員が同じ力で棒をひっぱるのが理想ですが、
誰かが強くひっぱりすぎても、誰かが力を抜いていても、
棒は傾きます。

骨格がゆがむというのは、この棒がななめに傾く、と例
える事ができるのですが、仮に傾いてしまった棒を
まっすぐになおしたとしても、(これが骨格だけを矯正
していく状態です。)3人(筋肉)のひっぱるバランスが
悪ければ、すぐに棒は傾きます。

そうならないためにも普段から身体のメンテナンスのほか
に、筋肉のバランス(鍛えるべきもの、のばして緩めていく
べきもの)を意識していく必要があるのです。


プロの骨格矯正をご自宅で、ご自身で、お安く!
(顔の大きさ、ゆがみ、エラ、頬骨、O脚)



骨盤・輪郭・骨格矯正のケンズプロ院長日記
  • 2008.11.08 Saturday
  • 17:05

-

スポンサーサイト

  • 2015.10.24 Saturday
  • 17:05
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク